BLOG

庭づくりを始めるなら花の選び方が大切

2021/05/10

「ガーデニングを始めてみたいけど、どんな花が育てやすいんだろう。」
おしゃれなおうちには、綺麗に手入れしてあるガーデニングが多く目につきますよね。
初めて庭づくりを始めるなら、まずは主役となる花をしっかり選ぶことがポイントです。

▼初心者でも始めやすい季節の花
季節や時期によって、育つ環境が変わってくるので、それぞれ育てるにはベストなタイミングがあります。
初心者の方でも始めやすい季節の花を紹介していきます。

■早春の花
黄色や白のはじけるようなキレイな色をしたキララがおすすめです。
植え込み時期は2月中旬から3月中旬くらいですが、たくさんの花がどんどん溢れるように咲いてくるのが特徴です。
比較的長く咲き続けるので、寄せ植えにもピッタリ合いますよ。

■春の花
王道のチューリップがおすすめです。
チューリップには花期が違う種類があり、いろんな種類を植えるだけでも良いです。
高さや花びらの形、咲く時期を変えるとより楽しめますよ。

■夏の花
品種が多いペチュニアがおすすめです。
夏のガーデニングでは定番の花で、咲き方や色合いがたくさんあります。
寄せ植えにも合い、自分のイメージに合わせやすい花になります。

■冬の花
冬は寒さに強いバンジーがおすすめです。
色合いも良く、花期が長いので初心者でも簡単に育てられる花です。
種類も豊富で、花びらの大きさも豊富なので、見た目も可愛くすることができますよ。

▼まとめ
庭づくりに重要な花ですが、初心者でも始めやすい種類を選ぶことが重要になってきます。
花には多年草という植えっぱなしでも大丈夫な花もあるので、たとえお手入れする時間があまりない人でも大丈夫です。
ガーデニング初心者の一番の目標は、花を枯らさないことです。
一度花屋さんへ見に行かれるとイメージが付きやすいと思いますよ。