BLOG

庭作りにおすすめの花壇

2021/05/24

せっかくのお庭、綺麗に華やかにしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
しかし、花を枯らさずにちゃんと育てることができるか、お手入れに関して不安になりますよね。
今回は、初めて花壇づくりを行なう方でも育てやすい花について紹介していきたいと思います。

▼花壇の魅力とは
花には人間の五感を奮い起こして、魅了してくれる美しさや華やかさがあります。
花の種類によって香りや色などさまざまで、季節感を楽しむことができたり癒しの効果を持っています。

▼一年草と多年草
初心者でも育てやすい花は一年草より多年草がよいと言われています。
一年草の花の周期は一年になりますが、多年草だと毎年植え替えなどをせずに花が咲いてくれます。
多年草は環境にさえ適応すれば毎年同じ時期に花が開花し、季節感を感じさせてくれますのでおすすめです。

▼育てやすいおすすめの花
多年草をいくつか紹介していきますので、参考にしてみてください。

■クリスマスローズ
とにかく品種が豊富で、さまざまな色合いや咲き方のものがあり楽しむことができます。
明るめの日陰半日陰を好み、冬から春にかけて庭を華やかにしてくれます。

■ラベンダー
豊かな落ち着く香りがすることから、アロマや入浴剤などさまざまなものに使用されています。
日なたと水はけのよい用土を好みますので、育てる環境に合った品種を選んでみてください。

■ニチニチソウ
開花が5~10月ごろまで長く、暑さや強い光などにも強いので手入れの必要があまりなくおすすめです。
色合いも豊富で可愛い花がたくさん咲くので人気があります。

■シュウメイギク
菊に似た白やピンクの花で秋に咲かせてくれます。背丈があるので、見栄えもよく人気があります。

■モナルダ
開花が6~9月で、最近は品種改良が進んできています。暑さや寒さに強く、植えっぱなしでもどんどん大株になります。
背丈があるので夏の花壇の後方に植栽するといいです。